メタボリックシンドロームについて

メタボリックシンドローム

最近、メタボリックシンドロームという言葉をよく耳にします。

一見、ダイエット、美とは完全に対極の位置にあるように感じるメタボリックシンドローム・・・

今回は、そのメタボリックシンドロームについて勉強していきたいと思います。

メタボリック(Metabolic)は(新陳)代謝を意味するmetabolismの形容詞、シンドローム(Syndrome)は「症候群」を意味します。
あわせますと「代謝異常症候群」ということになります。

現代人の生活習慣(運動不足、偏った食生活など)が作り出した時代を象徴する病だといえるかもしれませんね。西洋医学にも限界があるといわれ始めた昨今、健康のために個々の自己管理の重要性がクローズアップされています。

自分の身体は自分で守る。どれだけ研究が進もうと結局はこれに尽きるのであると思います。

下記の項目において1でかつ2~5項目のうち2項目以上該当する場合、メタボリックシンドロームであると診断されるそうです。

<項目1>
内臓脂肪蓄積の可能性(腹囲)
⇒基準値:男性:85cm以上、女性:90cm以上

以下の内、2項目以上

<項目2>
高脂血症(中性脂肪値)
⇒基準値:150mg/dl以上

<項目3>
低HDL(善玉コレステロール)血症
⇒基準値:40mg/dl以下

<項目4>
高血圧
⇒基準値:最高130mmHg/最低85mmHg以上

<項目5>
高血糖
⇒基準値:空腹時血糖>110mg/dl 、HbA1c>5.6

※2005年4月:日本内科学会~「メタボリック症候群診断基準検討会」が公式発表した診断基準

米国高脂血症治療ガイドライン、WHOによる診断基準もあるようですが、日本人の体型、習慣に元つき、2005年4月に日本人にフィットした診断基準が定められたというわけですね。

メタボリックシンドロームだとこんなデメリットが

メタボリックシンドロームでは、10年後の虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)の危険度が、正常な人に比べ36倍も高くなるといわれています。肝硬変発症のリスクも高まるといわれていますね。

メタボリックシンドロームはいつまでも綺麗、健康を目指すうえで絶対に放置してはいけません。 大病を患うと、その後の経過にもよりますが、以前の健康だった頃と同じように、運動したり、食事をしたりと出来なくなることもあります(食事、運動制限など)。

メタボリックシンドロームの段階で、気持ちを切り替えて、生活習慣改善、体質改善に真剣に取組まれることをお勧めします。

「私はまだ大丈夫!」が命とりになります。時間は皆に非情なほどに平等です。

それに・・・何より美しくありませんから・・・

メタボリックシンドロームにならないために

普段より、規則正しい食事、適度な運動、禁煙を心がけましょう。
お酒も休肝日を週2回は作りたいものですね。

人に魅力的だと感じてもらえるシルエットは、「その人にとってもっとも自然なシルエットであり」、それこそが健康で、美しい状態であります。

美容と健康はイコールであるといっても過言ではありません。 美容のためなら頑張れるけど、健康のことになるとそうでもないという方には、先述の事実を肝にしっかりと命じ、美容に励んでもらいたいと思います。

それが、楽しく行う、ダイエットの道でもあるのです。

ケーキ、スィーツ 食べても痩せるの!?

ケーキなどのスィーツ・・・。美味しいですよね。私も大好きです。しかし、反面、ダイエットによくないというイメージがありますが実際のところどうなのでしょ
うか・・・?

なにを隠そう私は、2週間集中ダイエットで4.4kg痩せたときは、ケーキ、プリン、シュークリームなど結構食べていました。・・・それでも痩せました。

具体的にそれらのカロリー数を見ていきますと、

  • ショートケーキ:約300kcal
  • プリン:約150kcal
  • シュークリーム:約200kcal

※お店、種類、大きさにより数値は異なると思います。

と確かにその大きさにしてみれば高カロリーといえると思います。ですから、何の策も講じずにばくばく食べていたのでは、やはりダイエットにマイナスであると思います。

私の場合は、仕事が忙しいと思われる朝などこれからがんがん仕事するぞというときにのみ食べていました。

脂質、糖質も多く含んでいますから、夜食べることはやはり望ましくないでしょう。しかし、上述のシチュエーションであれば、仕事のパワーの源にもなるので、元気に仕事に取り組むこともできましたし、なにより、アクティブな活動により脂質、糖質を使ってくれます。

こうすることで私は、ダイエット期間中であっても、スィーツを断つことはしませんでした。

食べるタイミングを工夫すれば、スィーツもある程度なら大丈夫だと私は思います。
ほどほどにならばですが・・・

冷えは痩せにくい!?

身体の冷えで悩まれている方が最近は実に多いですね。エアコンの普及もあり、夏でも身体が冷えるという方も結構いらっしゃるようです。

また、湯船に浸からず、シャワーだけで済ますという最近のライフスタイルも冷えによくないといわれていますね。

冷えは不健康、不快というだけでなく、実は、[痩せにくい身体]であるともいえます。

血液及びその他体液は、冷えているときは、そうでないときに比べ、流れが悪くなっています。

人は、食物を直接各種組織、器官へ栄養として運ぶのではなく、血液を利用して栄養を運びます。また、老廃物を回収します。

その大切な役割を担っている血液がきっちりと流れず、各種組織、器官に栄養がいかない状態であればどうでしょうか?

内臓(肝臓など)、筋肉、皮膚それら全て、活動的ではなくなります。そうすると、エネルギー消費量(≒基礎代謝)が落ちてしまうのです。
いわゆる太りやすい状態であるといえます。
冷えは万病の元と昔より言われてはきましたが、冷えは痩せにくくもあるのです。

胃下垂とシェイプアップ

胃下垂という言葉は皆も聞いたことがあると思います。
「胃全体が正常な位置より下の方にある状態」のことをいいます。

胃下垂でも胃機能が正常に活動しておれば問題はないのですが、胃袋の張ったような痛みや、少量の食事での満腹感、食後のむかつき、飽満感、食欲不振、精神疲労、また食後の胃のもたれや腰痛、或いは吐き気、げっぷ、大便の不正常などの不快症状の原因である場合もあります。

また、胃下垂だと痩せるといわれることがありますが、痩せること(痩せていること)で胃を支える筋肉、脂肪が十分でなく、結果、胃の位置
が下がるともいえます。

胃下垂でも、暴食をすれば当然太ります。

また、たくさんの食物を摂った際に下っ腹がぽっこりして見えてしまうこともありますし、先述の不快症状や下がった胃に腸が圧迫され続けることでの身体への悪しき影響も考えられます。

ですから、健康的な美ということを考えると良いこととは言えません。

ですから、「胃下垂になって痩せたいなぁ・・・」とは思わないほうがよいです。

逆に胃下垂の方がそれを改善させるための対策としては 「食べすぎ、飲みすぎを控える。」、「食事は消化しやすく重量の少ないもの、 少ない量を何回か取る。」、「食後はしばらく横になる。」、「腹部
の筋を強化する。」などがよいといわれています。

胃に負担を掛けないようにし、足りていない部分(筋力)を補うのが大事です。

お酒が太る知られざる理由

私はここ数日、お酒を飲む癖が再発しています。仕事が忙しかったときの一杯、そして、友人との飲み・・・生涯において、絶対にお酒を絶つというのは、悲しいし、辛いです。

だから、ある程度は仕方が無いとしても、やはり、お酒を飲むのは楽し
いものですから、ずるずると癖になるのだけは避けたいものです。

ここ数日、お酒を飲んで、ふと気づいたことがあります。

お酒を飲むと、ダイエットへの取り組みをするのが面倒くさくなるという欠点もありますよね・・・。

気持ちがよくなって、柔軟体操や、骨盤調整体操・・・挙句の果てには・・・風呂まで・・・やめちゃえ~!!っとなってしまいます。

ですから、食習慣だけでなく、運動習慣にまで知らず知らずのうちに悪
影響を及ぼすことになってしまうのです。

ですから、やはりお酒は、量も回数も[ほどほどに]ですね^^

フルーツを見直してみよう!!

いきなりですが、みなさん最近フルーツ食べてますか?
フルーツといえば、りんご、みかん、ブドウ、イチゴ、キウイ・・・最近ではマンゴーも人気ですよね。

実は、私、以前、野菜やフルーツを扱う仕事をしていました。その頃から、マンゴー(当時はフィリピン産などしかほとんど出回ってませんでしたが・・・)は美味いなぁと思っていました。

その割に出荷数が少なく、倉庫で劣化してしまうことが非常に多く、もったいないなぁといつも思っていました。とにかくブレイクしてよかっ
た^^

そういう意味では、アボガドも、私が野菜やフルーツを扱う仕事をしていた頃は注目されていなかったけど、最近は日本でもメジャーになりま
した。

と、私のなつかし話はこれくらいにして、今回の本題に入りたいと思います。

皆さんはフルーツという言葉にどんなイメージを抱きますか?

・甘い・酸味がある(すっぱい)・ジューシー

などが挙げることができると思います。しかし、他方で、

・食べること(皮をむくのが)が面倒くさい・比較的高価な気がする

などというイメージを抱かれておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、いわゆるケーキやシュークリームなどに代表されるスィーツを食べたくなるときに抱く、【甘いものを食べたい!】という衝動・・・

全く同じとはいえませんが、別にフルーツでもいいんじゃないの?全く食べないのは辛いけど、フルーツを食べることに代替することができるんじゃないの?
と考えることができると思います。

一般的にいわゆるスィーツには脂質、糖分は多く含まれていますが、高カロリーでその他栄養素には乏しいです。

一方フルーツは基本的に生食ですから、食物酵素も摂取できます。

また、みなさんご存知のようにビタミンCも多く含みますから、アンチエイジング(抗加齢)、デトックス(解毒)効果も高まります。

一方で、フルーツには糖(果糖)が含まれ、ダイエットには良くないということも言われますが、ケーキVSフルーツ・・・どっちが美容に、
ダイエットに良いか・・・いうまでもないでしょう。

スィーツと味の面で全く同じとはいえないフルーツですが、上手に活用すれば、ダイエットの強い味方となりますね^^